確定申告初心者が「マネーフォワードクラウド確定申告」を使ってみた

フリーランス
スポンサーリンク

私は独立してまだ数か月なので、実は確定申告をしたことがありません。独立前にどんなもんかと一瞬調べたことがあるのですが、もう何が何やらで……

今からすでに戦々恐々として年度末がこなければいいのにな、と思っています。

そんなこんなで税金関係から目をそらして暮らしているのですが(もちろん経費などは領収書をファイルにまとめています)、ちょっとずつでもなんとかしないといけないな、と思いはじめました。

いろいろと噂に聞くクラウド会計ソフトをちょっと触ってみたので、その感想をまとめます。

スポンサーリンク

マネーフォワードクラウド確定申告

私が登録してみたのがマネーフォワードクラウド確定申告というクラウド会計ソフトです。

運営しているのは「マネーフォワード」の会社です。私はもともとマネーフォワードアプリを家計簿アプリとして使っていたので、登録したデータをそのままこちらのクラウドでも使うことができて便利でした。

ざっと使ってみた感じでいいなーと思ったのは、

  • 口座を連携してそのまま収入も経費もワンクリックで仕訳してくれる
  • 2大クラウドソーシングサービス(ランサーズ、クラウドワークス)も連携できる
  • 税理士を紹介してくれる
  • なんだかよくわからない計算(消費税の端数処理とか)も初期設定すれば自動

とこんなところでしょうか。

それぞれ項目別に紹介してみます。

スポンサーリンク

口座を連携して自動で仕訳

これは、私はもうマネーフォワードアプリで連携していたものをそのままこちらでも設定するだけなので、新しく口座情報を登録する必要はありませんでした。

新しく口座を連携する場合は、ここから新規登録できます。

MFクラウド 仕訳

私が連携している銀行口座は地方銀行ですが、ちゃんとリストの中にあったので、メガバンクでなければ登録できないということはないと思います。

データ連携画面はこんな感じになっていて、銀行・クレジットカード(デビットカード含む)・電子マネープリペイド・サービス連携・通販・ビジネスの項目に分かれています。

リストは膨大ですが、50音順に並んでいるので見つけるのにそれほど時間はかかりません。

MFクラウド 口座や各種サービスを連携できる

銀行口座や通販サイトとの連携ができたら、次は「自動で仕訳」という項目をクリック。ここでは先ほど連携したサービスのデータからワンクリックで仕訳ができるほか、請求書や給与、経費から入力することもできます。「自動で仕訳」の下には「手動で仕訳」もあるので、連携していないデータは手動で入力すれば取りこぼしはありません。

※私は今のところ連携サービスのみ使用。ほかのこまごまとしたものもあるんですが……

自動で仕訳するのはいいんですが、勘定科目は自動で設定されてはいるものの、ちゃんとチェックしたほうがいいです。これも私はまだ通販で購入した事務用品くらいしかチェックしていません。実費で払った経費は領収書のまま……

※ちょっと逸れますが、レシートってお店によっては数か月で色褪せてまったく見えなくなりますよね。みなさんどう保管しているんでしょうか。私は一月分まとめてコピーしたり、その都度スマホで写真を撮ったりしていますが、もし証拠がなくなったらと不安なことがあります。

スポンサーリンク

2大クラウドソーシングサービス(ランサーズ、クラウドワークス)も連携できる

これもけっこううれしいポイントではないでしょうか。今はあまり使っていないのですが、ランサーズもクラウドワークスもちょこちょこ使うことがあります。

報酬は振り込まれた口座情報から管理すればいいと思うかもしれませんが、クラウドソーシングサービスは仲介手数料がありますよね。

これはれっきとした経費として処理できるお金なんですが、振り込まれた金額のデータは仲介手数料、振込手数料が除外された後のデータです。

というわけで、仲介手数料込みの金額がデータとして残るので大変便利です。

まあここまではいいところばかりなんですが、クラウドソーシングサービス連携についてはちょっと物足りなさもあります。

これ、データとしては報酬金額しかリストになってないんです。毎月振込設定している方は楽天銀行なら100円、それ以外の口座なら500円程度振込手数料を取られていると思うのですが、その振込手数料が記載されていない

ちょっと……忘れそう。

連携データがあることにかまけて後で処理をするときに振込手数料を経費に加えるの忘れそう。

まあ今こうして忘れることを危惧しているので、年度末まで覚えていると思います。未来の私がちゃんと処理してくれることを願います。

税理士を紹介してくれる

続いてはこちらです。そう。税理士を紹介してくれるんです。

最初の基本情報登録の際、よくわからないけどチェックしていたらしく、MFクラウド確定申告に登録したその日のうちに電話がかかってきました。

なんとなくチェックしていただけでそんなにすぐ対応してくれるとは思わず、その場は紹介してもらうことはしなかったのですが、「必要になれば改めて連絡してくださいね」とのことでした。

なんだか至れり尽くせり。よく覚えてないですが、多分紹介は無料だったと思います。私もこのように現時点で確定申告に関して無知の極みなので、そのうちお世話になるやもしれません。

なんだかよくわからない計算(消費税の端数処理とか)も初期設定すれば自動

こうやって紹介記事をまとめているくせに申し訳ないのですが、私は本当に確定申告やら帳簿やらがわからない。なのであやふやな表現でしか紹介できないことを許してください。

基本情報入力や設定をいじっていて今印象に残っているのが、消費税の端数処理などの設定。金額によっては8%できっちり割り切れないものもあるので、切り捨てるか四捨五入するか、切り上げるかという違い(多分)を事業者で勝手に決められるようになってるんですね(このとき初めて知った)。

大抵の事業者は切り捨てにするそうなので、私もそれで設定しました。

ほかにもいろいろ……本当にいろいろ最初に設定できるので、それをちゃんとしていればあとは全部自動で処理してくれるようです。

スポンサーリンク

便利なので活用していきたい

クラウド会計ソフトは他にも有名どころでは「やよい」などがありますね。今回私は比較して選ぶことをしなかったのですが、iPhoneには「freee」と「Taxnote」を入れています。

マネーフォワードクラウドに登録したからにはもうこれ一本になる予感です。便利なのはよくわかった。なので、目下の目標はちゃんと活用することです。

会計に関してはポンコツなので、基本情報入力や設定の時点でいろいろやらかしている恐れもあり、私は一度はちゃんと税理士さんに見てもらったほうがいい。

なにはともあれ、便利な道具に巡り合えたのでちょっとずつでも覚えて行こうと思います。

コメント