映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』レビューと考察|オーウェンとブルーの信頼関係など

エンタメ
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』公式サイトより
スポンサードリンク

2018年夏、確実に観ておきたかった映画のひとつが『ジュラシック・ワールド/炎の王国』でした。

ちょっと前に鑑賞したので、感想やあらすじをまとめました。

とにかく、とにかく!オーウェンとブルーの関係性がたまらない作品です。ほぼそれにつきる。

スポンサードリンク

あらすじ

ジュラシック・ワールド 炎の王国 考察

『ジュラシック・パーク』シリーズ3部作に次ぐ新たな3部作として始まった『ジュラシック・ワールド』シリーズ。本作はシリーズ第2作。

前作でジュラシック・ワールドは事実上崩壊。テーマパークとしての運営は不可能となり、大勢の犠牲者を出した。

その惨劇から3年。人間のいなくなった島で恐竜たちは大自然のなか生きていたが、島は火山大噴火の予兆があり、恐竜たちは再び絶滅の危機に瀕していた

パークの管理責任者であったクレアは現在、恐竜たちを絶滅の危機から救うべく保護団体を設立。3年前の事件から、恐竜を商品として扱うスタンスを改め、生物として保護すべき存在と考えるようになっていた。

政府による恐竜支援が見込めないなか、かつてジュラシック・パークを創立したジョン・ハモンドのビジネスパートナーであったロックウッドから恐竜救出の支援計画を持ちかけられる。

恐竜保護には、島内の恐竜のなかでも最も知能が高いラプトル(ヴェロキラプトル)に関する知識を持つオーウェンの強力が不可欠であった。

クレアとオーウェンは再びパークに足を踏み入れ、多数の恐竜、そしてラプトル4姉妹の生き残りであるブルーと再会を果たすが、ロックウッド財団の実質的運営者であるミルズの裏切りにあう。

ミルズの恐竜密売・軍事利用化計画を知ったオーウェンらは、恐竜を保護するか、その生命を自然にゆだねるかという選択を迫られる――。

スポンサードリンク

感想

インドラプトルについて

今回、ひとつのポイントとなるのが新たな恐竜の存在です。

パークにいる恐竜自体、かつて地球に存在した恐竜の姿そのものではなく、現存する生物の遺伝子などを組み合わせて創り出した新型恐竜のようなものですよね。

いろいろ組み合わせて優れた恐竜を創ろうよ~という感じで生み出されたのがパーク内の恐竜たち。なかでも優秀だったのが、前作の主要な恐竜であるラプトルや、惨劇の要因となったインドミナス・レックスです。

オーウェンによってしつけされているラプトルたちはともかく、インドミナスは最悪の存在。いろいろ遺伝子を混ぜてくれたおかげでとんでもない能力をたくさん持っている恐竜です。

自然交配では決して生まれえなかったのがインドミナス。派手な恐竜を創って見世物にしたいという人間のエゴによって生み出され、結局パーク内の生態系を乱すだけでなくパーク自体を崩壊させてしまいました。

インドミナスは前作でブルーやTレックスとの戦いの末、モササウルスに水中に引きずり込まれて死んでいます。やれ平和が戻った~と思いきや、今回復活してしまうんです。

それが、インドミナスとラプトルのハイブリット「インドラプトル」です。

あの巨大なインドミナスに比べるとかなり小型化され、色も通常のラプトルのようになっていますが、産み出した目的は軍事利用インドミナスの凶暴性が増し、ラプトルの賢さまで加わって最悪の存在です。

さらにちょっと重大なことをネタバレすると、インドラプトルはオスなんだそうです。吹替えでなく字幕で観た方は気付いたかもしれませんが、ヘンリー・ウー博士がインドラプトルを指すときに「He」と呼んでいます。

ジュラシック・パーク時代から、パークの恐竜はすべてメスに統一されていました。これは管理しやすくするため。勝手に交配されて予期せぬ変異が起こっても困りますからね。それでもオスが誕生してしまうことはあったようですが。

それが、はじめてオスの恐竜が登場したということで、ちょっと驚きました。私は吹替え4DX3Dで観たので気付かず、あとあと知った情報なんですけどね。

今作中でブイブイいわしたインドラプトルは途中で死んでしまうので野に放たれることはなかったんですが、ヘンリー・ウーは果たしてどういう意図でオスにしたのか。これを考えるとちょっと怖い。なにか意図があったとしか思えない。

諸悪の根源であるヘンリー・ウー博士はまたまた混乱に乗じて逃げおおせるんですが、彼がまだオスの恐竜を隠し持っていないとは言い切れないですよね。

それどうするの?逃げたらどうするの???めちゃくちゃ怖い……

スポンサードリンク

自然の摂理をゆがめて創り出した恐竜を救うべきか?

さて、作中ではラスボスであるインドラプトルは死んでしまいますが、ミルズらが勝手にロックウッド邸に持ち込んでオークションにかけていた恐竜が複数います。

多数は地下の檻の中に閉じ込められていたのですが、騒ぎの中で邸にガスが充満してしまいます。ちょっと何のガスだったか正確に覚えていないんですが、確かシアンガスだったかな?

そこでオーウェンとクレアは彼らを逃がすか、このまま見殺しにするかという選択を迫られます。

クレアはもともと恐竜を保護するために今回の計画に賛同して行動しているので、彼らを救いたい気持ちは強い。でも、恐竜を島でもない、アメリカ本土で放つわけにはいかない。

オーウェンに諭されてクレアはゲート開放を思いとどまるんですが、ここで行動に出たのがメイジーという少女です。

メイジーはロックウッドの孫娘として育てられましたが、実はロックウッドの死んだ娘のクローンでした。今回騒ぎのなかでその事実をミルズから明かされます。

ここでなぜクローンの人間を登場させたか、私としては蛇足感が否めないところではありますが、遺伝子操作で生まれた恐竜遺伝子操作で生まれたクローンの少女というところにつながりを見出したかったのかな、と。

今ここにいる恐竜たちは人間が作ったクローン。世間では火山噴火とともに淘汰されるべきという意見が大きい。だって自然の摂理を逸脱した存在だから……。

では、クローン人間はどうか?

自然に逆らって人工的に誕生したメイジーに生きる価値・意義はないのか?

メイジーがゲートを解放して恐竜を救ったのは、そういう自分の立場と重ね合わせての行動だったのでしょう。

ちょっと無理やりこじつけた感じはありますが、まあわからなくもないです。

オーウェンの育児記録

はい!やっといちばん言いたいことを紹介できます!!

ここまでごちゃごちゃ生態系がどうのとか道徳観とかを述べてきましたけど、私がこの作品にいちばん期待していたのはラプトル4姉妹の育児シーンですよ!!!

観てよかった……ハア、ほんとうによかった。

作中、ラプトル4姉妹を赤ちゃんのころから育て、人間に従順になれるかしつけを施すという過去シーンがあります。オーウェンが過去を振り返るシーンに登場、メイジーが研究室で偶然映像を見るシーンに登場、計2度ほど出てくるんですが、これがたまらない。

4姉妹がとにかくかわいいし、育児するオーウェンもかわいい。

クリプラファンとしてはたまらない映像ですよ、本当に。これだけのためにも本当に観てよかった(何回でも言う)。

その育児ビデオで明かされるんですが、ラプトル4姉妹は遺伝子もそれぞれ違っていて、性格に個体差があるんです。これは前作でもちょっと描写されていましたが。

とくに驚くべきは、ブルーの性格。

オーウェンが泣くそぶりを見せると、ブルーだけは彼に寄り添って慰めるようなしぐさをするんです…!!!!

ほかの3匹のうちだれだったかは忘れましたが、同じようにすると弱っていると判断して攻撃してくる。ブルーだけはそうしない。

犬なのかな……???

犬って、人間が弱っているとその感情を察知して寄り添うんですよ。動物セラピーとして有名ですよね。

ブルーって本当に犬っぽい。賢く、誰よりもオーウェンを信頼し、彼に忠実。

幼少期からそんなブルーと接してきて、オーウェン自身も彼女が特別な存在なんです。今作ではオーウェンのブルーに対する思いがよく描写されている。

3年も離れていても、やはりブルーはオーウェンを信頼し、決して彼を攻撃することはありませんでした。

前作のラストの別れのシーンで、ブルーが首を傾げてオーウェンが首を振るという場面があります。かなり印象的な場面。

Twitterなどを見てももここの解釈は多くの人が共通するところですが、

ブルー「一緒に行ってもいい?」

オーウェン「だめだ」

という内容だったと思うんです。オーウェンが首を振ったのを確認し、ブルーは名残惜しそうに走り去るというめちゃくちゃ切ないシーンですよ。

それが、今回もそれに重なるような場面がありました。

ロックウッド邸での騒動が片付き、ブルーと視線を合わせるオーウェン。

今度は逆でした。

オーウェン「俺と一緒に行こう」(しぐさではなく、実際にそう呼びかけた)

ブルー:しばらく視線をかわし、走り去る。

めちゃくちゃ切ない。お互い信頼しつつも、ブルーは自由を選んだわけです。ふたりの関係は第3作でどのように描かれるのでしょうか。そこだけが特に気になる。

スポンサードリンク

まとめ

以上、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の感想でした。

ほかのちょっとした感想をここで紹介すると、やっぱオーウェンとクレアの恋愛描写はいらないな、ということかな。別にあってもいいけど必要ではない。私はオーウェンとブルーの関係性だけで胸がいっぱいです。

あと、日本ではないですが何かの番組でクリプラやブライス・ダラス・ハワードが映画の裏話を語る内容のものがあって、私はそれを映画鑑賞前に観たんです。

作中、クレアやオーウェンが水中に投げ出されるシーンがあるんですが、そのシーンについてでした。

撮影はまあプールだったんですが、話の内容はそこでおしっこしたかしないかみたいなこと。そこで下ネタ大好きクリプラは斜め上な回答で、「僕はうんこしたよ」みたいなことを言ってたんです。うんこ好きだねほんと。そういうとこ好きですよ。

映画を観てる最中にそのことを思い出しちゃって、ちょっと集中できなかった……。

みんな切実に感じてることだと思うけど、ラプトル4姉妹の育児ビデオをぜひとも円盤化してほしいです。なんなら第3作は全編育児ビデオでいいよ。

コメント