Surface Laptopを半年使ってみて【レビュー】移動も多いライターにはちょうどいい

フリーランス
スポンサードリンク

2018年の9月にSurface Laptopを購入して、今月でだいたい半年近くが経ちました。これくらい使ってみるとメリット・デメリットもはっきりしてくるので、簡単にレビューしてみたいと思います。

スポンサードリンク

なぜSurface Laptopにしたか

私が購入したのはこちら↓

初代のsurface laptopです。surfaceといえばキーボードが取り外しできてタブレットとしても使えるsurface proとかのほうが人気だし主流だとは思うのですが、iPadも持ってるしこれ以上タブレットはいらないな、と思って除外しました。

ふつうのノートPCが良かったんです。何に惹かれたかというとハッキリ言って見た目ですが(Mac bookにそっくり)洗練されてて高級感があっていいんですよ。Mac bookと違って表面はサラサラの触り心地です。

私が購入したのはプラチナですが、本当はバーガンディがよかった……22000円キャッシュバックの時に買ったんですが、そのときは対象がプラチナだけだったのです。

今出てるのはlaptop2。

カラーにブラックが増えた程度で、あまり大きな変化はありません。今マイクロソフト公式サイトでキャッシュバックキャンペーンをしているので(2019年3月11日(月)〜2019年4月14日(日) )、今買うなら2がいいですね。しかもカラー選び放題!うらやましい。

スペックによって12000円~31000円までキャッシュバックできるので、けっこうお得です。キャッシュバック対象になるのは正規店購入に限り。AmazonのMicrosoft正規店ほか、通販での購入も対象のようです。

画面のアスペクト比が3:2でブラウジングも執筆もしやすい

もうひとつ決め手があって、それが画面のアスペクト比。通常のlaptopってだいたい16:9で横に長いのですが、surface laptopは3:2なので縦の幅もあるのが特徴です。これってこのサイズのものでは結構珍しいんじゃないでしょうか。

サイズはA4サイズで、15.6インチPCと縦幅はほぼ同じ。前のパソコンが15.6インチだったので、縦に狭くならずに済んでとても使いやすいです。

Macbookの比率だと、ちょっと縦に狭すぎてスクロールが面倒。Wordpress開いても画面のサイズがけっこう違うので、こっちのほうが圧倒的に見やすいです。縦スクロールをする環境はやっぱり横に広いより縦に広いほうが見やすい。

理由といえば、あとはWindows 10 Proに無料アップグレードできることですかね。標準のOSはWindows 10 S です。officeをよく使う場合はアップグレード、使わないならそのままでOKだと思います。

スポンサードリンク

ほぼモニターにつなぐ環境

画面サイズがどうのこうのと言ってますが、ほとんどモニターにつないで使用しています。

使用しているのはこの23インチくらいのモニター。

大きいモニターのほうがマルチタスクに便利だし、右でWord、左にブラウザ、と分けても見やすいので家ではこのスタイルです。

ついでに、キーボードもストロークが深いものが好みなので、laptop単体で作業するよりモニター環境のほうが捗ります。

キーボードはLogicoolのワイヤレス。おまけにマウスもLogicoolのトラックボール。Logicoolにズブズブです。

トラックボールはボールが王蟲っぽくて好きです。

トラックボール使い始めたらもう普通のマウスには戻れません。laptopのタッチパッドも慣れてきたし、なんなら画面はタッチパネルですが、トラックボールがいちばん使いやすい。ていうか、タッチパネルだということはよく忘れます。laptopにタッチパネル必要あるのかなー?と思う。

改善したいところ

ぜんぜんsurface laptopとは関係ない話なんですが、モニターにつなぐのにHDMIケーブルを使っています。これが、接続が切れやすくて困るんです。

PCが悪いわけでも、おそらくモニターが悪いわけでもなさそう。原因はHDMIケーブルっぽいんですが、パソコンつけてると画面がプツプツ切れるんです。それこそバツンバツン音を鳴らして真っ暗になる。ついたり消えたりするのも神経を逆なでされます。まだ時々なのでいいんですが、どうにかならんものか。

電器屋さんに行って改善策聞いてくるかな……。

スポンサードリンク

かゆいところに届かないデメリット

アルカンターラ素材

デメリットといったら、よく言われるのが使用されている素材です。

ファサファサしていて触り心地はいいです。やわらかくはなく、硬い。

アルカンターラ素材は、パームレストに使われているこの素材。デザイン性はよく、水をこぼしてもはじくのでお手入れしやすい、という触れ込み。

が、実際使用している人のレビューを見ると、どうもキーボードを打つ際にどうしても皮脂が付着し、長く使うほどに汚れが目立っていくのがネック、という声が多いようです。

私も買う前はそこが心配だったのですが、使用する環境を考えると私はパームレストにあまり触ることがない。ほぼモニターにつないでいますから。

使うのは外出時の打ち合わせやノマドでちょっと作業するとき、実家で使うときくらい。

だから半年経った今、よく見てみても汚れはありません。アルカンターラは私にとって大したデメリットではありませんでした。

それに冬なら萌え袖でどうにかしましょ……ね。

電源ボタンが嫌な位置にある

delの横にあるのが困る、という意見が多いです

これもよく言われているやつ。なぜ端ではなくそこなのか?

ただ、これも私はあまり困りません。電源は一応laptopのこのボタンを使いますが、delを使うことはないですから。私のメインキーボードはLogicoolなので、特に問題なし。

Surface Connect は外れやすい

この電源ケーブルの、なんていうのかド忘れしましたが、黒いやつです。差し込むのではなくて、マグネットでくっつく、という感じ。これがちょっとパソコンを動かすと外れやすいので、そこは注意が必要かもしれません。外れたら電源が落ちるというわけではありませんが、ちょっと煩わしいかも。

端子が少ない

USB3.0と Mini DisplayPort 、ヘッドホンジャックのみ

端子の少なさは結構困る人は困るかも。メモリーカードも入らない、もちろん光学ドライブもない。

私はUSBとSDカードが使えるハブをつないで使用しているので、同時に複数のUSBを挿すことができています。

白いのがハブ。黒はMini DisplayPortではHDMIケーブルが使えないので、変換アダプタを挿しています。純性の変換アダプタやsurfaceドッグとかいうやつもあるけど高いのでおすすめしません。不便だけどこれでなんとか環境は整って快適に仕事ができています。

今のところ不便はない

こんな感じで、ないものはつなげばなんとかなるので、不便はなく快適です。光学ドライブもあったらいいかもしれません。

あと、今のところ傷なくきれいに保っていますが、移動するときのケースがまだないんです。大体タオルとかニットでくるんでかばんに放り込んでいて、いいかげんよくないなと思うのでケースを買いたいです。

surface laptop、顔認証だし、一台前のパソコンではセレロンを使っていた私にとってはめちゃめちゃサクサク動くし、なかなか便利です。core i5だけど、セレロンからしたら雲泥の差ですよ。ちなみに9月まで使っていたDynabookは最近おシャカになりました。そのまま使ってたら仕事に支障がでるところだった……。

コメント