ゴールデンカムイ191話「故郷の水」【本誌ネタバレ】感想|キロランケとの別れ、鶴見陣営が動き出す

ゴールデンカムイ 最新話ネタバレ感想 エンタメ
スポンサーリンク

今月は毎週休みなく進むから心臓が持ちませんね。

ゴールデンカムイ191話を読みました。前回キロランケの死が描かれ、大号泣。別に推しではないんだけど、白石の様子にやられてしまいました。(推しではなくても「銀魂」の山崎が死んだときも悲しかったよ。生きてたけど)

さすがに今週はしんどいことは起こらないだろうと思っていましたが、やっぱり何事もなくてよかった。

あまりにもしんどくて、アイキャッチ画像をほのぼのくまちゃんに変えました。

では今週の感想です。

先週の感想はこちら↓

スポンサーリンク

キロランケに寄り添う白石


ゴールデンカムイ 7 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

先週も思ったけど、白石って人のことをよく見てたんだな……。

キロランケをあやしいと思いつつ、情はあった。「ここの氷はアムール川の水が凍ったものだとキロちゃんから教えてもらった」といって、白石は流氷の欠片でキロランケの遺体を覆い埋葬します。

「春が来たらそのまま故郷の水にとけて眠れる…」

まあ、さすがにここから遺体を持って帰ることはできないですよね。遺品はどうしたんだろう。奥さんと子どものもとへ、何か持って帰ってあげるんだろうか。

「真面目すぎる男だったんだよ」という白石の言葉。うーん、その通りかも。北海道で家族をつくって、幸せに暮らしてたわけですからね。潜伏してるつもりだったのかもしれないけど、もう金塊なんかほっといてそのまま生きることだってできただろうし。それをしなかったのは、自分の役目はアシリパさんを導くことだとかたく決めていたからか。

キロランケ自身、自分が主導してことを起こそうというつもりがあったんだろうか?そこんとこが謎です。彼はどこまで知っていて、今後どうするつもりだったのか。彼らのトップは誰なのか。

ここがまだよくわからない。

それぞれの持つ情報を摺り寄せ

キロランケがアシリパさんに何も言わず息を引き取ってしまったので、結局なぜアチャが死ななければならなかったのか、聞き出せないままでした。

アシリパさんがそうつぶやくと、谷垣はインカラマッが「ウイルクが変わって仲間を裏切ったからだとキロランケ本人から聞いた」と証言したことを話します。じゃあアチャはアイヌを裏切って金塊を奪ったから死んでしまったのか、とそこで杉元が「のっぺら坊はアイヌを殺したのは自分じゃないと言っていた」と言う。

持ちうる情報をまとめてみたところで、堂々巡りです。

おそらくソフィアさんならキロランケとやりとりしていたこともあるし、別の情報を持っているでしょう。

スポンサーリンク

アシリパさんと鯉登少尉の対面!

やっとですよ!

この瞬間を楽しみにしていました。アシリパさんと鯉登少尉が会ったらどうなるのか、ちょっとかなり気になっていました。

鯉登少尉、あれだけ死闘を繰り広げて意外と元気。月島軍曹は前回颯爽と現れたから大丈夫なのかと思いきや、結構な深手です……。私はここが一番心配ですよ。月島さんが死んだら生きていけない自身がある。

鯉登がいろいろ指揮をしている間に、杉元は遠くのほうにスヴェトラーナさん発見。アシリパさんもソフィアの行方が気になるし、鯉登の話なんか聞いちゃいません。

「アシリパとやらッ」

↑第一声がこれ(笑)

お前を連れ戻すために来たんだし、杉元も第七師団と取引をしてるんだからとグダグダ言って「私の許可なしに離れるな」と命令するんですけどね、

まあ聞いちゃいませんわな……

「ちょっと見てくる」

と走り出すアシリパさん。そして杉元も尾形を放り出して「俺も行く」(笑)

さっそくナメられる鯉登少尉、そうだと思った。いいよいいよ。帰りの道中で何かしらの脳みそ食わされたり、チタタプさせられたりするんだろうな……はやく見たい。お坊ちゃんに耐えられるんでしょうかね。

マイハル再び!

あっちのほうに人影が~と走って行った杉元とアシリパさんでしたが、何やら物騒な感じに揉めていた人影、中心にいる人物はまさかの岩息舞治でした(笑)

「もっとぉ」「んもっとぉ」って、もう後ろ姿だけで誰かわかるわ。

どうやら、杉元たちと別れてもっと屈強な男を求めてロシアへ旅立ったマイハルは、同じルートで向かっていたらしい。杉元たちが追い付いた形ですかね。

ちょうど月島軍曹を運ぶ人員が必要なところだったので、マイハルが適任。谷垣はガタイがいいとはいえ、キロランケに随分やられてましたからね。

お姫様抱っこで運ばれる月島軍曹。

顔!顔!超真顔。

まあ「たはッ☆」とか言われたらそうなりますわ。マイハルは圧がすごい。あれです。「俺は少女団のお荷物です…ッ」って谷垣が言ったときの真顔と同じ顔です。いや、それより嫌悪感マシマシかも。

「次もし会ったら〜」と言ってたのに思いがけぬ再会、しかも早すぎる、に軍曹も何も言えねえんでしょうな。

白石はキロランケに別れを告げ、杉元は再び尾形を背負って亜港へ。ソフィアさんがどこにいるかわかりませんが、アシリパさんは

「私を探しに来るはずだ」

と確信しています。

ソフィアさんもキロランケに別れを告げる

どのタイミングか、もしかしたら一行が立ち去るのを待っていたのか、ソフィアさんは氷に覆われたキロランケの顔の部分の氷をどけて、別れの挨拶をします。

「さようなら坊や…」

「坊や」。キロランケってたしかもう40前後だったと思うんですけど、ソフィアさんにとってはいつまでも「坊や」でしかなかった。全く眼中になかったんだなー。でもソフィアさん、若いころのキロランケが自分に向けていた感情に気づいてそうだけどな。

キロランケのマキリが氷の上にのせられていて、傷がついている。これはソフィアさんがつけたもの?それとももっと前に付けられたんだろうか?ソフィアさんってロシア貴族のお嬢さんだったけど、こういうアイヌの弔い方を知ってたんだろうか?そうだったらいいですけどね。

マキリ

この直後、杉元がずっと持っていたアシリパさんのメノコマキリをアシリパさんに返します。ここも意味ありげ。なぜマキリ描写のあとに「そうだ、これ返すよ」と別のマキリ描写?

キロランケのマキリは嫌な形で戻ってきて、そこで未来は絶たれてしまった。たぶんあれが致命傷だったんだろうなと思う。

これはインカラマッのためにここまできた谷垣の執念です。

一方、杉元はアシリパさんとの約束のためにメノコマキリを持ってここまで来て、再会して返すことができた。ふたりには未来があります。

持ち主から離れていたマキリにはどちらにも強い思いがこもっていましたが、正か負か。行き着く先は対称的でした。

スポンサーリンク

鶴見陣営、新キャラ登場

ここらあたりで切り替わるのがキリがいいですね。

場面大きく変わって北海道登別、地獄谷。

温泉地で湯治をしている二階堂と宇佐美。二階堂意外と元気そうじゃん。ここで宇佐美と比較するとまともな人に見えるよ……。

宇佐美、滝の湯を股間にあてる。

「うわあッ入れ替わる!!」

って何がだよ、と思ったらそういうことか……

樺太組との落差がすごいッ!

ラスト数ページは股間パラダイスです。新キャラの菊田特務曹長殿もね、もうすこし湯けむりで隠せると思うんですよ…?ね?隠れてないですよね?

お偉いさん登場で瞬時にピシッと襟を正す(裸だけど)二階堂、さすがと思ったら2コマ先ではまた股間に滝でうわああって言ってる。この漫画、なに??

菊田さん、ただ股間を見せに出てきたわけではありません。

「山奥で真っ暗な雪山を明かりもつけずに下駄で逃げていった男がいる」

という話をします。

これは、都丹庵士? 生きてたんですねー。

ここからどうやらしばらく第七師団のターンでしょうか。

コメント