ゴールデンカムイ276話「エビフライ」【本誌ネタバレあり感想】親の望みと自分の意思

ゴールデンカムイ 最新話ネタバレ感想 エンタメ
スポンサーリンク

ゴールデンカムイ最新話276話を読みました。

情報量多い!!!!

ゴールデンカムイ最新話はヤンジャンの無料アプリヤンジャン!で発売日の0時からすぐに読むことができます。毎日ゴールドを貯めれば基本的に無料。また、待てない場合でも一話60ゴールド(60円)で読めます。

ネットに転がっている転載漫画を読むよりは、公式にお金を落としましょう(読者には無料でも、動画再生広告などでちゃんと公式に利益が出る仕組みです)。

\無料アプリをダウンロード/

ヤンジャン!アプリで読む

前回の感想はこちら↓

スポンサーリンク

上流階級の結婚


ゴールデンカムイ 25 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

早くもエビフライで失敗しかけた杉元。菊田さんに失敗合図を送りますが、カエコ嬢は緊張をほぐすためのおふざけと解釈したため難を逃れます。

杉元と勇作さんって似てないだろうし、きっと顔が美しいくらいしか共通点がないだろうに、写真と違っても別人と疑うことはないんですね。明治時代の写真加工、どの程度だったんでしょう。結構写真は盛り盛りだったそうですが。

前回は一言しか声を発することがなかったカエコ嬢、たったそれだけなのに気になる存在でしたが、今回はまあまあ性格も見えてきましたね。生唾飲み込むほど杉元佐一くんは美しいか、そうかそうか。

ツンデレなのか、頑固キャラか、どんなだろ~と思っていたカエコ嬢、行き遅れは性格のせいじゃなさそうですね。素直で、思ったこと何でも口にしそうな感じがとてもかわいいです。

サイチくんは初めてのエビフライに目を輝かせて舌鼓をうちますが、カエコ嬢の交友関係やなんかを聞いていると「人んちの猫の餌も盗み食い」した自分の生活とまるで違っていて、住む世界の違いを見せつけられたような気分なのか……。

一般市民の結婚とは違って、たった数回会っただけの相手と結婚が決まってしまうことも、想像できない世界です。庶民だって恋愛じゃなくて近所でとか、親戚の勧めとか、似たようなものだと思いますけどね。杉元自身は恋愛結婚をするつもりだったからそんなふうに感じるのでしょうか。

杉元は、「梅ちゃんの中にはまだ佐一が一番でいる」と言った寅次の言葉を思い出し、それでも梅ちゃんは結婚したのだから、やはり割り切れるものなのだろうか、と。

これを聞いた菊田さん、見ず知らずの梅ちゃんに感情移入しちゃってていいですね。「テメーに梅ちゃんの何が分かんだ」、そのとおり。しかしそこまで女性側の心情を慮ることができる菊田さん、アンタの人生が知りたい。

菊田さんに幼馴染ふたりのことを打ち明け、寅次の不安はわかった上でふたりがいる故郷は捨てろと言われ、吹っ切れた佐一くん。こりゃ菊田さんと再会して目をキラキラさせるのもわかります。

「勇作さん」を気に入ったカエコ

一方のカエコさんは、「退屈な男」を演じたつもりの「勇作さん」のことをすっかり気に入っていました。ペラペラよくしゃべるカエコさんには寡黙な感じがよく映ったのでしょうか。まあ何より顔が気に入ったのが一番ですよね。(「お嬢様は面食い」と笑う女中・山村ハマ子、すごく下品でキャラがいい)

勇作さんの童貞を奪おう作戦はハマ子も知ってるみたいで、イキそうになったらズドンでオギャーという品の欠片もない助言をしています。絶対に「勇作さん」を逃したくないカエコ嬢、こりゃ次回も一波乱ありそうですね……。

ところで、面食いカエコはいろんなところでからかわれているのか、従兄弟の兄様とやらにも咎められているとか。しかしその兄様もまた器量で妻を選んだそうで……。「クリクリのくせっ毛の田舎娘」。それはあの、春見ちよさんではありませんか……?

「財閥」なんていうワードが出てきたときから勝手にカエコ嬢の兄だかなんだかに嫁いだちよとカエコの妄想はしてたんですけど、本当にここで出てくるとは。15巻の鶴見中尉、本当に何がしたかったんでしょう。結果的に「いご草ちゃんはお金持ちと結婚して幸せにくらしている」と思わせたままよりも、鶴見中尉と月島軍曹の結びつきは強くなっているだろうと思うので、中尉は食えない人ですね。

スポンサーリンク

勇作さんの意思

よっぽどエビフライの美味さが衝撃だったのか杉元。

そもそも花沢勇作はこのまま聯隊旗手になることを望んでいるのか。それよりも帝国ホテルでエビフライ食べていたいかもしれないじゃないか、なんて思い始めます。なぜ引き受ける前に疑問に思わなかったのだ。

こんなこといちいち気にしていてはこじれるだけですから、菊田さんは事態を丸く収めるだけだと言いますが、杉元は勇作さんに会いに行ってしまいます。

ところで疑問なのですが、この時点では他者に対し「親が望む道ではなく自分の思いがあるのでは」という考えに至るのに、なぜアシリパさんには「ヒンナヒンナしててほしい」とお前の願望が先に来るのか。矛盾してますね。最終的にはアシリパさんの意思を尊重して今に至るわけですが。

さて、尾形の目を通さない初めての勇作さんですよ!これで勇作さんが想像上の人物でないことがハッキリしましたね。

勇作さんは、突然訪ねてきた見知らぬ青年に「父が望むように聯隊旗手になりたいのか」と聞かれ、ていねいに答えます。いい子だ……ふつう「ハ?あんた誰」ってなるよ。

「父が望むから期待に応えたいのではないか」。杉元は、勇作さん本人は聯隊旗手になりたいという思いはないのでは、と考えているわけですが、勇作さんは「それが正しいことだ」と答えるのみ。

けど、勇作さんは今水面下で行われている勇作童貞防衛作戦のことを知らないわけですよ。軍人ではなく、財閥に入って戦争とは無縁に生きる道があるということを知らないのです。「他にも道がある」ということを、自分たちは勇作さんから覆い隠してしまっているのではないか。杉元の危惧はまあ正しいですよね。勇作さんは誰に強制されたとも思っていないのかもしれないけれど、それは周囲から狭い世界しか見せられていないからではないでしょうか。他の道があると知れば、勇作さんはどうしたのでしょうね。

杉元が勇作さんの本音を気にして訪ねてまで行ったのは、杉元父の言葉に何か思うところがあるからでしょうか。

菊田さんの軍帽

勇作さんは、見知らぬ青年の帽子が気になったようで、「それは菊田軍曹のものでは」と尋ねます。射撃訓練で候補生が撃ち抜いたらしい穴の縫い目でわかったようで。菊田さんの回し者と知られちゃまずいと逃げる杉元に、勇作さんはさらに「それは日清戦争で病死した弟さんの帽子」だと伝えます。

先週のあのシーンにつながるわけですね。菊田さんの過去編くれ……。

今回は勇作さんの存在が尾形の妄想ではなかったことと、勇作さんの下まつげが収穫でした。あと、勇作さん基本的に敬語なのに「一体何のつもりで呼び出したの?」ってとこ、かわいかった。

コメント