エンタメ

漫画『アシガール』13巻【ネタバレ感想】ハッピーエンドのその後も面白い

アシガール13巻、今日発売されました。夜中kindleで配信されてすぐに読みました。 12巻までの内容が大体ドラマ(SP版)のエンディングと同じもので、ここでめでたしめでたしで終わっても良かったんでしょうけど、唯が戦国で生きていくと...
エンタメ

写楽心中 少女の春画は江戸に咲く1巻【感想】人間の本質を描く写楽の娘、春画で開花

会田薫さんの新作「写楽心中 少女の春画は江戸に咲く」1巻を読みました。 江戸題材、浮世絵題材という漫画はほかにもあるかもしれませんが、浮世絵の中でも春画を題材にした作品というのは珍しいですよね。しかも春画を描くのは少女で、春画のため...
エンタメ

ゴールデンカムイ19巻【ネタバレ感想】キロランケとウイルク。暗号のヒントに近づくアシリパ

ゴールデンカムイ最新刊19巻を読みました。 このブログで毎週本誌の感想を書き始めたのがちょうどこの19巻の途中あたりでした。再会の回ですね。半年以上前ですが、あの頃は毎週生きるか死ぬかヒヤヒヤして気が気ではなかったです。 19...
エンタメ

ゴールデンカムイ213話「樺太脱出」【本誌ネタバレ感想】気持ち新たに、船出

ゴールデンカムイ213話を読みました。 正直一番気になるのは鯉登少尉の状態なんですが、今回は触れられず……。杉元にぶん殴られた宇佐美は元気そうでしたよ、、、 さて、アシリパさんの「逃げるあて」が何なのか、ソフィアじゃないかとか...
エンタメ

ゴールデンカムイ212話「怒り毛」【本誌ネタバレ感想】お互い敵になると怖い

「ゴールデンカムイ」212話を読みました。巻頭カラーなので、すでにタイトルは知っていましたが、怒り毛ってなに???と思ってた。なるほどあれね。 前回逃げ出したアシリパさんと杉元ですが、樺太から二人だけでいったいどうやって逃げようとい...
エンタメ

ゴールデンカムイ211話「怒りのシライシ」【本誌ネタバレ感想】鶴見中尉を品定めしたアシリパさん

「ゴールデンカムイ」211話を読みました。 鯉登少尉のアレが本気なのか芝居なのかも気になるところですが、今回はアシリパさんと杉元(そして白石)です。 白石ってほんと、戦力にはならないけどその分人一倍周りをよく見ている気がします...
エンタメ

ゴールデンカムイ210話「甘い嘘」【本誌ネタバレ感想】尾形のメッセージに気づいていた鯉登少尉

ゴールデンカムイ第210話を読みました。 今回の扉絵は鯉登少尉のクソコラ写真ですが、アオリ文句がおっかない。「剥がれ落ちたのは敬愛?」っていう。 尾形逃亡からの伏線のひとつが明かされたというか、つながった回でした。 ゴー...
エンタメ

「薬屋のひとりごと」小説・なろう版・スクエニ版・サンデーGX版の違いと特徴(私はサンデーGX版が好き)

昨日、スクエニ版の「薬屋のひとりごと」コミカライズが次に来るマンガ大賞2019のコミックス部門1位になり、話題になりました。 私もこの作品を今年のゴールデンウィーク前あたりに知って(ちなみに一番最初に触れたのが 倉田 三ノ路さん作画...
エンタメ

ゴールデンカムイ209話「ケソラプ」【本誌最新号感想】チカパシの決断、別れのとき

1週とんで、ゴールデンカムイ最新号209話を読みました。 再び樺太。ついにエノノカちゃんたちとの別れですが、チカパシはどんな決断をしたのでしょうか。 ゴールデンカムイ最新話はヤンジャンの無料アプリヤンジャン!で発売日の0時から...
エンタメ

ゴールデンカムイ208話「限りなく黒に近い灰色」【本誌ネタバレ感想】鶴見中尉が放った偽物はどう機能するか?

ゴールデンカムイ208話を読みました。 鶴見中尉を裏切ってトニアンジと逃走した有古は土方陣営に合流することになりますが…… 鶴見中尉も土方さんも、両陣営の人たらしたちが考えてることが何手先も行っててこわい。刺青人皮が偽物なんじ...
スポンサーリンク