映画『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』レビューと考察|幸せがめぐる物語

マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー レビュー 考察 エンタメ
引用元:映画.com
スポンサードリンク

2008年に公開された映画『マンマ・ミーア!』の続編を鑑賞しました。もうあれから10年も経ったのかと驚きますが、それでも色褪せない映画の魅力が本当に素晴らしい。

アマンダ・セイフライドはじめ前回登場したキャストが続投、さらに今回は映画『シンデレラ』で名を広めたリリー・ジェームズが出演しており、そこも注目ポイントとなっています。

それでは、第1作を思い出しながら楽しんだ本作について語りたいと思います。

※ネタバレを含みますので、これから楽しみにしてるという方は気を付けてください。

スポンサードリンク

あらすじ

前作から数年。

ギリシャのカロカイリ島で、母・ドナとの夢であったホテルをとうとう完成させたソフィ。すでにドナは他界していたが、前向きな気持ちでオープニング・パーティの準備を進めていた。

長年の夢を目前に幸せの中にあるはずのソフィだったが、夫・スカイとは仕事ですれ違いが続いている。ニューヨークで一緒に働かないかとスカイに誘われ、ソフィは母の夢との狭間で揺れ動く。

迷う気持ちもありながらホテルの支配人・シエンフエゴスとともにパーティ当日の準備を進めていたが、突然の大嵐で飾り付けもめちゃめちゃに。さらに招待したゲストやパーティを盛り上げるためのバンドも船の欠航で島に来ることができない。

一方、時代は数十年前にさかのぼる。

ドナの大学卒業と、自分が根を下ろす場所探しの旅。ドナは旅先のパリ、ギリシャでハリー、ビル、サムの3人の青年に出会う。ドナはなかでもサムを愛し、一緒にカロカイリ島で暮らすことを夢見るが、サムには婚約者がいた……。去っていくサムを見つめる失意のドナ。しばらくして、ドナは妊娠していることに気づくのだった。

スポンサードリンク

キャスト

ソフィ・シェリダン – アマンダ・サイフリッド

ドナ・シェリダン – メリル・ストリープ、リリー・ジェームズ(若きドナ)

スカイ – ドミニク・クーパー

ターニャ – クリスティーン・バランスキー、ジェシカ・キーナン・ウィン(若きターニャ)

ロージー・マリガン – ジュリー・ウォルターズ、アレクサ・デイヴィーズ(若きロージー)

サム・カーマイケル – ピアース・ブロスナン、ジェレミー・アーヴァイン(若きサム)

ハリー・ブライト – コリン・ファース、ヒュー・スキナー(若きハリー)

ビル・アンダーソン – ステラン・スカルスガルド、ジョシュ・ディラン(若きビル)

フェルナンド・シエンフエゴス – アンディ・ガルシア

ルビー・シェリダン演 – シェール

スポンサードリンク

感想

第1作はすでに鑑賞していたのですが、観たのが公開時の10年前。記憶もおぼろげな状態で、本作はその記憶を手繰り寄せながら観ました。

「ソフィとスカイって結局結婚したっけ?」

「結局3人の父親のうち誰が実父だったっけ?」

心配だったのですが、観ているとなんとなく思いだしてくるんですね。ちゃんと楽しめました。

そもそもなぜここまで記憶にないのか。

私の中で『マンマ・ミーア!』という作品は、音楽が最高!ABBA最高!!という印象。ハッピーで観る人すべてが楽しくなる、そんな映画です。

だから突き詰めるとストーリーなんてどうだっていいんです。

本作も、前作には登場しなかったABBAの曲がたくさん登場し、新キャストによるナンバーは全然マンネリ感がなく楽しめました。

ドナ@リリー・ジェームズ

今作で一番注目したのがリリー・ジェームズです。

『シンデレラ』『ダウントン・アビー』シリーズなどでおなじみの女優ですが、ブレイクしてまだ数年。知らない方も多いのではないでしょうか。

このリリー・ジェームズがとにかくかわいくて素敵なんです。なぜ同時期に3人もの男性を虜にしたのか、その理由がよくわかります……。

第1作でドナを演じたのは大女優メリル・ストリープでした。今作ではすでに他界しているので、最後に少し出てくるだけ。ここに不安もあったのですが、リリー・ジェームズは見事に演じきっていました。

見どころの歌唱シーンもすごくいい。

アマンダ演じるソフィはソプラノ。かなり声が高いんですが、母のドナはアルトくらいの音程かな。アマンダの歌声とリリーの歌声を比較するとわかるのですが、リリーのほうが少し低いんです。

そこのところもちゃんと前作とのつながりを意識しているのでしょうか?

個人的にはそのつながりがスムーズでよかったです。

若いドナの歌声。ぜひ劇場で鑑賞してほしい!!

観ながらリズムをとってしまいたくなる作品。

スポンサードリンク

ソフィの成熟

10年後の公開でよかった、と感じたのがこれです。

ソフィを演じるアマンダもいい感じに年を重ねて、今までの作品のような「きれいなお嬢さん」だけではない深みが出たように思います。アマンダ・セイフライドの10年来のファンで過去作もほとんど追ってきましたが、今作ほどキャラクターの背景や心の奥底にフォーカスした作品ってないのでは?

アマンダ自身も2016年に第一子を出産しているので、母となった経験がこの作品にも深みを与えているのかも。

「母になる」という保守的なテーマ

若き日のドナの人生と、現代パートのソフィの人生がリンクするように展開する本作は、ラストに向けて「子を持つ母の強さ」「母子のつながり」が強調されていきます。

この作品は奔放なドナが同時期に3人の男性と関係を持って妊娠してしまうという背景があり、一見リベラルな印象。しかし、本質的な部分はかなり保守的だと改めて感じました。

子を持つ母の強さ」。

一人ぼっちでソフィを育てたドナを支えたのはこれだ、という。

ソフィ自身、妊娠がわかってようやく「ママにいちばん近づけた」と言います。母親になってこそドナの気持ちがわかると。

昨今の作品では「母性」を正義として扱うなんて時代錯誤甚だしい、という評価が多いですよね。邦画なんかは特にこの傾向があるんですが、そういえばハリウッドにもまだこんな作品があったんだなあ、と感じました。

そういえばCMでも盛んに「母と娘」での鑑賞を推奨してたな……。

ただ普通なら酷評されそうな古臭いテーマなんですが、この作品に関しては音楽第一。そこまで気になりませんでした。

3人の父の若い日の姿も

若き日のドナを演じたリリーはもちろんですが、3人の父の青年姿にも注目です。

特に笑いを取っていたのが、ビルの変化です。青年のビルを演じているのがジョシュ・ディランという俳優なんですが、これが金髪碧眼の美男子なんです。

現在のビルを演じているステラン・スカルスガルドももちろん素敵なんですが、青年のころの姿と比べると見る影もない……。3人の中でも一番残念な感じに年を重ねたのかも?

そして今や『キングスマン』シリーズや『英国王のスピーチ』などで超人気のコリン・ファース。こちらは私個人の好みですが、青年姿よりもやっぱり今のほうがいい。抜群のスタイルで顔がちっちゃいんですよ。

コリン・ファースファンも観るべき映画ですね。

さて、コリン・ファース演じるハリーはエリート銀行員で、本作では日本出張シーンが登場します。

映画の前情報で横澤夏子が出演すると話題になっていましたが、「そんなところに?」という場面で登場して笑いました。出演に気づかなかった人もいるのではないでしょうか。それほどチョイ役です。

スポンサードリンク

まとめ

私はミュージカル映画に目がありません。『レ・ミゼラブル』『シェルブールの雨傘』『ラ・ラ・ランド』『オペラ座の怪人』などなど、なんでも好き。

『マンマ・ミーア!』はABBAのナンバーがいいですよね。誰もが知っている曲が多いので、口ずさめる。映画の帰りもちょっと歌いながら帰ってしまいました。

その夜、そういえばAmazonプライムミュージックにサントラがあった!と思って開いてみたら聴けなくなっていた……アマプラってそういう難点があるのでちょっと残念です。

じゃあ買えよって話。大抵のミュージカル映画のサントラは持ってるんですよ。

コメント