ゴールデンカムイ221話「ヒグマ男」【本誌ネタバレ感想】ウェンカムイに憑りつかれた平太の過去。砂金の魔力

ゴールデンカムイ 最新話ネタバレ感想 エンタメ
スポンサーリンク

ゴールデンカムイ最新話221話を読みました。

とうとう扉絵の定番の文句に「ホラー」が加わっていて笑いました。今回は平太師匠の過去話と、平太編の結着です。

ゴールデンカムイ最新話はヤンジャンの無料アプリヤンジャン!で発売日の0時からすぐに読むことができます。毎日ゴールドを貯めれば基本的に無料。また、待てない場合でも一話60ゴールド(60円)で読めます。

ネットに転がっている転載漫画を読むよりは、公式にお金を落としましょう(読者には無料でも、動画再生広告などで利益が出る仕組みです)。

\無料アプリをダウンロード/

ヤンジャン!アプリで読む

前回の感想はこちら↓

スポンサーリンク

囚人・松田平太

平太の過去は、なんと門倉部長がキラウシに看守時代の話をする体で語られます。

カドクラが言うには、当時から平太は口調がコロコロ変わる多重人格のような変なところがあったとか。女みたいにもなるから気持ち悪かったと語っています。おそらくその人格のひとつがノリ子なんでしょうね。

平太自身、自分の中に何人もの人間がいることを自覚していたそうです。そしてやっぱり、当時から近くにヒグマがいると怯えていたのです。

このウェンカムイが平太の中の人格をひとりひとり食っていって、最後に平太自身が食われてウェンカムイに乗っ取られてしまう。すると今度は自分がウェンカムイになって誰かを襲いに行くのだ、と。

誰かを襲って殺したら、ウェンカムイとなった自分はバラバラになって飛び散る。そうすると元の自分に戻る。

これを聞かされた門倉部長はキラウシに語りながらゲラゲラ笑っていますが、平太にとっちゃ笑い事じゃないんですよね。本当にそうだと信じているし、彼の頭の中ではそれが起こっているんですから。

ウェンカムイの処置

実際のウェンカムイはどうなるのか。アイヌがウェンカムイを倒したら、人を襲ったヒグマなので肉は食べないし毛皮も取らない、というのは今までのアシリパさんの説明でよく知っていますが、ヒグマの体を利用せずそのまま放置するわけではないようです。

地域にもよるのですが、キラウシが言うには細かく切り刻んで山にばらまき、「改心しろ」と言って説教をするのだと。

平太はおそらくこの話をどこかで聞いて「飛び散る」と言ったのだろう、とキラウシは説明します。

止まれない平太

囚人時代の平太は、「知らないうちに刺青が彫られていた」という言葉からわかるように、大分自分を見失っています。違う人格のときに彫ったのかもしれないですが、平太はきっとウェンカムイがそうさせたと思ったんでしょうね。

彼が監獄に入ることになった事件の裁判記録では、ヒグマの毛皮を被って被害者の体をズタズタにしていた(肉をむさぼっていた)のだといいます。

門倉部長は平太の話をしながら、彼の言っていたことが本当ならば、まだどこかで同じことを繰り返しているはずだ、と締めくくりました。

スポンサーリンク

杉元との死闘の末に

その通り。前回の最後でまさに、ウェンカムイとなった平太が杉元の腕を折って襲いかかりました。

でも相手は杉元ですからね……。左腕がプラプラでも関係ない。平太はまさに獣のような勢いで杉元に食らいつこうとしますが、杉元はいつも通り超早わざでザックザク刺す……。

平太はなけなしの理性が残っていたのか、自分でしかけた罠を引っ張り、自ら矢に撃たれに行き、ようやく止まります。ヴァシリを罠にかけようとしたあの仕掛け弓ですが、本当はいつか自分の手で自分を葬るためにしかけたんですね。

首を撃たれた平太の目は、久しぶりに焦点が合っています。鯖目さまeyeじゃなくなってる……。

砂金とウェンカムイに憑りつかれ

息も絶え絶えの平太は、自分がこうなってしまった理由を語ります。

ウェンカムイの話をアイヌから聞いたのは12歳のとき。おそらく煙草入れもそのときにもらったものなんでしょう。220話の回想っぽいシーンの平太はかなり幼かったので、やっぱりあれは平太の脳内で追体験していたんでしょうか。

12歳の平太少年はアイヌからウェンカムイの話を聞き、あまりの恐ろしさにいつも空想したのだといいます。自分が汗水流して砂金を掘って得た資金をあっという間に溶かしてしまう家族。砂金に目がくらんだ醜い家族に、ウェンカムイがバチを与えてくれないか

そういう空想です。

平太は、ある日ついに「僕の」ウェンカムイが家族を全員殺してしまった、と言っていますが、家族を殺したのは本当にヒグマだったのか、今となっては疑わしいですね。いつも思い描いていた空想が偶然現実になってしまったのかもしれないし、行き過ぎた空想に憑りつかれた平太自身がやってしまったのかもしれません。

以降、平太は止まることができず、ウェンカムイに食われ、ウェンカムイとなって誰かを食うという地獄を延々と繰り返すことになります。この苦しみの元をたどれば、やっぱり平太の「罪の意識」だと思うのですが、自分が家族に直接手を下したのでなくても「空想してそれが現実になった」だけでも、その罪悪感が一連の出来事のトリガーにはなりそうですね。

食い食われ、を繰り返した平太も、やっと止まることができました。

平太のエピソードが意味することとは?

平太はウェンカムイについて誤った解釈をし、そのまま間違ったウェンカムイが平太の中で育っていってしまいました。

平太の独白を聞いた杉元は、金が人に何をもたらすのか、ようやく冷静になって考えます。

砂金を求める人の「欲望」が人生を狂わせるのか、それとも「砂金」そのものに人を狂わせる「魔力」があるのか。

おそらくこれからいよいよ最終章なんだと思うんですが、平太編は「金を手に入れてどうするの?」と、今一度立ち止まって考えようっていう話だったのかなーと思います。一歩間違えば平太のような苦しみを死ぬまで味わい続けることになるかもしれない。

次回は多分ガラッと場面が変わるでしょう。そろそろ月島・鯉登組を見せてくれてもいいんですよ……。

来週は野田先生が出塁のため、お休みだそうです。

コメント