ゴールデンカムイ234話「蒸気船」【本誌ネタバレ感想】海賊が川賊してる

ゴールデンカムイ 最新話ネタバレ感想 エンタメ
スポンサーリンク

ゴールデンカムイ最新話234話を読みました。今回巻頭カラーですね。21巻について「描き下ろし過ぎ!?」って書いてあるけど、描き下ろしすぎだよ~~。毎度毎度すごすぎます。

前回顔中刺青男を逃がし、今回どうするのかと思いましたが、思いがけず海賊房太郎とばったり出くわします。

ヤンジャン!アプリで3月26日まで1~100話、108~115話の無料公開キャンペーン中です。あとちょっと。

ゴールデンカムイ最新話はヤンジャンの無料アプリヤンジャン!で発売日の0時からすぐに読むことができます。毎日ゴールドを貯めれば基本的に無料。また、待てない場合でも一話60ゴールド(60円)で読めます。

ネットに転がっている転載漫画を読むよりは、公式にお金を落としましょう(読者には無料でも、動画再生広告などで利益が出る仕組みです)。

\無料アプリをダウンロード/

ヤンジャン!アプリで読む

前回の感想はこちら↓

スポンサーリンク

蒸気船で川下り


ゴールデンカムイ 21 (ヤングジャンプコミックス)

杉元たちは、白石の提案で石狩川を江別まで下ることに。樺戸監獄に物資を送るため、かなり舟運が発達したそうです。その整備には囚人が駆り出されたというわけですね。

小さめの蒸気船に乗る三人と、そのうしろの小舟に乗る頭巾ちゃん。馬と一緒です。杉元いわく、アシリパさんと一定の距離を保って、尾形がアシリパさんの前に現れるのを待ってるんだと。尾形だってスナイパーですから(今は調子が悪いですが)、アシリパさんの前にデデン!と現れたりしないでしょうけども。

頭巾ちゃん、あまり主張しないキャラクターでかわいいけど、3人とどうやってコミュニケーション取ってるんでしょうね。ごはんとかどうしてるんだろう。杉元なんかは言葉が通じないのもおかまいなしにシマエナガ回みたいにやってそう。

蒸気船を襲う海賊房太郎

と、そこへ、探していた人が現れます。海賊房太郎です。

蒸気船の前に小舟で現れ、小遣い稼ぎに船を襲うつもりです。アイヌの村で賄賂をばら撒いたせいで資金が尽きたんですね。

蒸気船の船員の話によれば、最近石狩川で船を襲う連中がいるそうで。海賊は海賊らしく、船を襲って資金繰りしてたわけですね。ここは川ですけれども。

そんな蒸気船なんて襲っていくらになるんだろう?と思ってしまいますが、乗客の中には金持ちがいるだろうし、郵便物のなかの現金書留を狙ってくるんだそうです。私だったらこんな物騒な時代に現金書留なんか絶対送らない。船内の郵便配達のおじさん、1コマだけの登場ですが、なんか強そう。次回活躍するのかな。

船員は舐められまいと小舟を蹴散らしますが、まあ海賊には屁でもないわけで。川にもぐった房太郎は船底をくぐって反対側へ泳ぎ、あっという間に船上へ。られまいと小舟を蹴散らしますが、まあ海賊には屁でもないわけで。川にもぐった房太郎は船底をくぐって反対側へ泳ぎ、あっという間に船上へ。水につかった拳銃の銃身から水を抜くさまがかっこいいし、いちいちいろいろかっこいい。

スポンサーリンク

白石の子分

荒れる船で、白石と杉元はなんだなんだと船外へ出てきますが、ここで房太郎と顔を合わせちゃったからまずかった(笑)

白石と房太郎は互いに見知った仲だったようです。白石を見てカジュアルにカジュアルなフォントで声をかける房太郎。ちょっと昔の同級生に会ったみたいにうれしそうです。

この房太郎の反応で船員たちは杉元・白石がヤツの仲間だと判断してしまって、コント的展開に。船員たちは杉元の銃を奪おうと襲い掛かりますが、相手が悪い。杉元だって手加減したいけど、向こう側では房太郎が銃口をこっちに向けて狙っているので放り投げるしかありません。ひとり、またひとりと川へ放り投げられ、杉元はすっかり海賊の仲間認定されてしまったことでしょう。

白石に向かって「随分と頼もしい子分」がいるじゃないかと笑う房太郎。子分、、子分ね……。

そこにまた別の蒸気船がやってきます。中にはどこぞの軍の兵士たち。またひと騒動ありそうです。

しかし海賊房太郎、今回の様子を見るとめちゃくちゃフランクで明るそう。そしてやっぱりめちゃくちゃ男前。だからといっていい奴だとは思わないけど。まだ変態かどうかは測りかねています。けどこういう豪快なタイプって変態じゃなさそうだなあ……。

なんで泳ぐのにあんなに髪伸ばしてるんだろう。水の抵抗すごそうだけど。

コメント