ゴールデンカムイ277話「花沢勇作童貞防衛作戦」【本誌ネタバレあり感想】ビーフスチウでズドン

ゴールデンカムイ 最新話ネタバレ感想 エンタメ
スポンサーリンク

ゴールデンカムイ最新話277話を読みました。

カエコ嬢、当初のイメージとちょっと違ったけど結局すごく好きです。

ゴールデンカムイ最新話はヤンジャンの無料アプリヤンジャン!で発売日の0時からすぐに読むことができます。毎日ゴールドを貯めれば基本的に無料。また、待てない場合でも一話60ゴールド(60円)で読めます。

ネットに転がっている転載漫画を読むよりは、公式にお金を落としましょう(読者には無料でも、動画再生広告などでちゃんと公式に利益が出る仕組みです)。

\無料アプリをダウンロード/

ヤンジャン!アプリで読む

前回の感想はこちら↓

スポンサーリンク

小耳に挟んだ中尉


ゴールデンカムイ 25 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

おそらく、前回杉元とすれ違った後のこと。鶴見中尉は陸軍第一師団司令部で師団長の奥田中将から「アイヌの金塊」の話を聞かされていました。それを見つけろというのは、最初は中央からの命令だったのですね。第七師団所属の鶴見中尉に対し、上官を介さずこういう命令をするのはやばいと思うのですが、奥田中将は第七師団の花沢中将に「貸し」があるのだという。それが勇作さんの童貞奪っちゃえ!作戦です。陸軍は薩長で派閥争いがあるから、薩摩出身の花沢中将にとって醜聞が広まるのは避けたいだろう、ということです。

と、ここでさらっと飛び出すのが鶴見中尉の家柄について。鶴見中尉は新潟出身ということは知らされていましたが、今回長岡藩の名門氏族出身だったことが明かされました。北越戦争ではひどい目に遭ったと。

以前、宇佐美の過去編で長岡藩と北越戦争については触れていました。(今読み返すと「水戸は落ちぶれた~」とざっくり言ってしまってるけど、そこまでじゃなかった……。ただ、水戸は薩長と明暗が分かれたとは思います)

つまり奥田中将は、薩長にはひどい目にあわされたんだから、いっちょ鼻を明かしてやろうぜ、ということです。奥田中将自身は小倉藩出身で中立のつもりだとか抜かしているけども、位置関係から見ても長州寄りなのは明らか。それを察する鶴見中尉はばかばかしくなってしまうわけです。有力者は薩長ばかりで、そうじゃない者にとって上の力関係なんてアホらしいだけです。まあ、今回奥田中将からもたらされた情報で「アイヌの金塊」の裏付けが取れたので、眉唾ものではないと判断する材料にはなった。それは収穫だったのでしょう。

あともうひとつ。花沢家の醜聞の渦中の人です。

スポンサーリンク

うっかり鈴木

知らず知らずその渦中の人、勇作さん。勇作さん童貞防衛作戦は彼の知らぬところで進められているわけですが、カエコ嬢側から士官学校への連絡で問題が起こります。菊田さんはしばらくの間、勇作さんあての連絡は自分を通すようにしていたようですが、事務の人らしき鈴木さんがうっかり勇作さんご本人にもらしてしまいます。

勇作さんは菊田さんを追い、勇作さんに会いに行った鶴見中尉は勇作さんを追って……。

カエコ嬢の作戦

再び帝国ホテルでお見合いをするふたりですが、すまし顔の勇作さん(仮)を悲劇が襲います。(なぜか)ホテルの給仕ではなく女中が運ぶビーフスチウが、胸から股間にかけてかかってしまったのです。かくしてビーフスチウまみれとなった杉元は「取ってあった」という部屋に連れていかれ、なぜかしっかりお湯が張ってある浴室へ。「ズドン」と脱げ「ズドン」と湯に浸かれというカエコさん、もう何としてでも「ズドンでオギャー」を成し遂げたいという強い思いを感じます。

何か変だと思いながら、菊田さんの服を汚したままだと悪いから脱いじゃう杉元、いい子……。そして「ノラ坊にかぎって誘われて手は出さんよな」という菊田さんの信頼。

浴室に侵入しようとしてドアで阻まれるカエコさん、シャイニングネタまでぶち込まれて、もう立派なギャグ要因ですね。そして「よく知らないから」といって遠回しに体の関係を断ろうとする杉元に、「顔がいいから」知らなくても何でもいいと言い切っちゃうカエコさん、好き。

童貞防衛作戦

カエコと女中の二重ロックで、服まで奪われて全裸の杉元は万事休すですが、思わぬ助けが現れます。鶴見中尉御一行です。彼らは本物の勇作さんが中にいると勘違いしちゃってるのでややこしい。宇佐美の口ぶりからすれば、尾形はまだ勇作さんに会ったことがなく、これが初対面になるという。

拒まれたカエコさんは最後の切り札「醜聞を軍にばらす」を使ってくるのですが、杉元は「それは勇作さん本人が決めること」と半ば自分が偽物と伝えて作戦は失敗に終わります。

それにしても、作戦失敗の×マークを窓から菊田さんに知らせる杉元、バスルームの窓にしちゃ下に広すぎでは?外から股間丸見えですよ。

さて、突然「勇作さん本人に~」とか言われて混乱しているであろうカエコさんは、鶴見中尉らに踏み込まれまた混乱。「これが一世一代の恋というなら~」のくだり、鶴見中尉の背後に都合よく花瓶が配置されていて笑う……。花を背負うタイプの男ですよね。

しかし、ちょっと冗談で言ったんだろうけど「お嬢さん殺しまっせ」と拳銃ちらつかせる中尉に、これまたそれが「菊田さんの第2の作戦」と勘違いしちゃった杉元(正義感強し)は黙ってはいられません。

全裸の勇作さん(仮)が飛び出しました。

「聯隊旗手にふさわしいお方」の花沢勇作とはどんな人物か。これが尾形にとっての勇作さんの第一印象になったと思うと……なんか……。

勘違いで踏み込んだ奴ら(鶴見中尉ら)に勘違いして飛び出した全裸に帽子男(杉元)に勘違いするニヤケ男(尾形)。すごい勘違いの連鎖です。

でも、「高潔」で「清廉」だと思っていた勇作さんがもし本当に全裸で飛び出してくるような人間だったなら、尾形は「祝福された子も結局はコレか~」ってなってそこで終わりだった気がしますね。勇作さんがどこまでも清かったばかりに悲劇が起こって……。飛び出すフリチン杉元と笑む尾形という妙な図を見ながらしんみりしてしまった。

このころの杉元は傷ひとつない体で貴重な全裸だな~と思って見ていましたが、全裸で被られた菊田さんの弟さんの帽子がかわいそうだなと思いました。

コメント