ゴールデンカムイ282話「一刻」【本誌ネタバレあり感想】迎え撃つ準備

ゴールデンカムイ 最新話ネタバレ感想 エンタメ
スポンサーリンク

ゴールデンカムイ最新話282話を読みました。

今回大きな出来事のつなぎの話ですが、なんかすごいことが起こるぞという興奮がすごいです。

ゴールデンカムイ最新話はヤンジャンの無料アプリヤンジャン!で発売日の0時からすぐに読むことができます。毎日ゴールドを貯めれば基本的に無料。また、待てない場合でも一話60ゴールド(60円)で読めます。

ネットに転がっている転載漫画を読むよりは、公式にお金を落としましょう(読者には無料でも、動画再生広告などでちゃんと公式に利益が出る仕組みです)。

\無料アプリをダウンロード/

ヤンジャン!アプリで読む

前回の感想はこちら↓

スポンサーリンク

一刻の猶予もない


ゴールデンカムイ 25 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

五稜郭に到着して早々に第七師団に出くわした一行。

しかしどうやら鶴見中尉があちこちに放っていただけの人員で、手こずるほどの手練れはおらずひとまずはクリアします。

こういうとき、ある程度敵との距離があるにもかかわらず、銃を持っているにもかかわらず、銃剣を使うってのが杉元らしい戦い方ですね。杉元の場合は撃つよりもそのほうがはやいですからね。

彼らの持ち物から、鶴見中尉が1時間前に電報を打っていたことがわかります。実際どのタイミングで暗号が解けていたのかはわかりませんが、電報を打った段階ではもう出発していると考えてもよさそうな気がします。杉元の見立てでは、一日2往復の汽車に従うような中尉ではなく、半日もすれば来るだろうと……。

杉元たちだって五稜郭に先んじて到着したはいいものの、この広い中のどこにあるのかはっきりしないわけですから、詰んでる。

金塊の隠し場所について、兵糧庫だとか堀の中だとか、はたまた井戸の中だとかいろいろ案が出る中でひとり右往左往する白石。最近この漫画で*よく見るなあ……。シライシは前も後ろもどっちも事務所OKなんですね。

スポンサーリンク

そんなこともあろうかと

そもそも金塊が見つかったところで、1200袋もの金塊を一発で移動させることは不可能で、どっちみち鶴見陣営と出くわす羽目になるんですよね。門倉、キラウシ、夏太郎が荷馬車の手配をしているらしいですが、いったい何日かかることやら。

この問題について、土方さんは一応手を打っていたようで、それほど焦る様子がありません。その手というのがソフィアとその仲間たちです。ソフィア、どこに行ったのかと思えば、元気に立ち直ってウォッカあおってる。ソフィアと土方さん、この作戦話し合うのに通訳を必要としなかったんだろうか……。その一点がやや気になりますが、片言でどうにかやりとりできたんでしょうか。

それにしても、インドじゃないんだから車両の上に乗るのはやめましょうね。

こう、戦いを回避できない状況を前にして杉元はここに籠城して戦おうと決意しますが、もとより土方さんはそのつもりだったんでしょうね。五稜郭で戦うのは二度目。

それに土方歳三の城での戦いといえば、籠城戦ではなく攻城戦ですが、宇都宮城の戦いがあります。あれは二度戦って一度は旧幕府軍が勝利しています。それを思うと、新選組ってなんとなく市街戦のイメージが強いかもしれないけど、城でも戦えるだけのスキルはあるんだよ、という、ぼんやりとした希望が見えてきます。

コメント