漫画

エンタメ

ゴールデンカムイ199話「坂の上のロシア領事館」【本誌ネタバレ感想】まさかのギャグ回、吹っ飛ぶ鶴見中尉と鯉登父

音之進が誘拐されたまま一週あき、シリアス回だと思ったらまさかのギャグ回でした。今回はついに誘拐犯たちの居場所を突き止め、音之進くん救出へ! 初っ端からあんぱんで笑わされた…… それにしても、今回のタイトル「坂の上のロシア領事館...
エンタメ

ゴールデンカムイ198話「音之進の三輪車」【本誌ネタバレ感想】鶴見中尉はいかにして鯉登をたらし込むのか

GW明け、二週間ぶりのゴールデンカムイ。198話を読みました。 今回は鯉登少尉の過去回です。鯉登家の兄弟と親子を明らかにしたうえで、ふたたび鯉登VS尾形の場面にもどるのでしょう。 というわけであと二週間くらいは過去回なんじゃな...
エンタメ

ゴールデンカムイ197話【本誌ネタバレ感想】追記|尾形が逃げたと知った杉元の挙動など

尾形が逃げ出し反撃に出た最新話、明けて一日ようやく落ち着きを取り戻してもう一回読んでみたんですが、結構見落としがあった……。 落ち着いて見てみると、なるべく考えないようにしていたことなんかを意図的に見落としてしまっていたことに気づき...
エンタメ

ゴールデンカムイ197話「ボンボン」【本誌ネタバレ感想】眠らない山猫(尾形)と鯉登の過去編!

尾形を病院へ運んでいよいよ治療が始まりました。やっと尾形のターンです。 当分は尾形が死ぬわけないと私は高を括ってるのですが、今回ヒヤッとしたあ……。 前回の感想はこちら↓ 山猫は眠らない ロシア...
エンタメ

ゴールデンカムイ196話「モス」【本誌ネタバレ感想】いよいよ尾形の治療へ。テイネポクナモシリ

2週飛んで3週間長かった~~!久しぶりのゴールデンカムイです。 トニアンジ絶体絶命のところで終わった195話から明けて、今回は杉元御一行たちからスタートです。 それにしても今回のタイトルの「モス」、いよいよ鯉登少尉が何かやらか...
エンタメ

ゴールデンカムイ195話「有古の庭」【本誌ネタバレ感想】都丹庵士、万事休すか?庭で誘い込まれる

ゴールデンカムイ195話を読みました。 敵4人対トニアンジひとりになってしまい、坑道に追い込まれたところで前回は終わりましたが、不利な状況は変わらず。 それにしても菊田特務曹長殿、グイグイくるなあ……。有古とのコンビ、有古がし...
エンタメ

「アイヌ文化で読み解く『ゴールデンカムイ』」【感想】改めて最初から読み返したくなる

集英社新書から出た「アイヌ文化で読み解く『ゴールデンカムイ』」、先日読了しました。 ゴールデンカムイのアイヌ語やアイヌ文化などを監修されている中川裕先生による解説本です。 なるほど、漫画を読んでいるだけではわからない時代背景な...
エンタメ

ゴールデンカムイ17巻【ネタバレ考察】尾形が唯一後悔したのは勇作さんか

ゴールデンカムイ17巻、DVD同梱版を読みましたー! DVDの内容はあまり触れません。内容は漫画のままですからね。ただ白石の白石は隠れてましたよ……映像ではやはりNGなのか(笑) 今回はなんといっても、表紙からわかるように尾形...
エンタメ

ゴールデンカムイ194話「硫黄のにおい」【本誌ネタバレ感想】暗闇の中、音の闘い

木曜祝日だから一日早い水曜発売だったのか……あぶない。うっかりぐっすり眠るところでした。 ここまで登別はド下ネタギャグコミコミでしたが、今回は戦闘シーンのみ。なんかこういう回は久々ですね。キロランケが亡くなった回でもどこかしらに笑い...
エンタメ

ゴールデンカムイ193話「登別温泉」【ネタバレ感想】悪いことをするやつは自分を見られるのが怖い

ゴールデンカムイ第193話を読みました。 ちょうどいい区切りのようだったので、このまま鶴見陣営に切り替わるかと思ったらまだ樺太続いていました!うれしい。 今週は17巻発売直前で、巻頭カラーで豪華。今回は冒頭からギャグ一直線、ち...
スポンサードリンク