ゴールデンカムイ211話「怒りのシライシ」【本誌ネタバレ感想】鶴見中尉を品定めしたアシリパさん

ゴールデンカムイ 最新話ネタバレ感想 エンタメ
スポンサーリンク

「ゴールデンカムイ」211話を読みました。

鯉登少尉のアレが本気なのか芝居なのかも気になるところですが、今回はアシリパさんと杉元(そして白石)です。

白石ってほんと、戦力にはならないけどその分人一倍周りをよく見ている気がします。あまり進んで注意したりはしないけど、今回は見かねたんだろうな……。

前回の感想はこちら↓

スポンサーリンク

ふたりの関係を誰よりもよく見ている白石

いよいよ鶴見中尉が迎えにくるというころ、それぞれ別行動していたことは前回の内容からわかりましたが、白石はやっぱり遊んでいたようです。ひどく酔っ払って女に支えられながら現れた白石は、酔った勢いか敢えてか、杉元にチクチク刺します。

杉元はアシリパさんが誰にも利用されないことを考え、鶴見中尉の暗号解読に協力することが最善だと考えていますが、白石はそうは捉えていません。

「アシリパちゃんを引き渡して鶴見中尉の飼い犬になるんだよな」

野田サトル「ゴールデンカムイ」211話/集英社

まあハッキリ言えばそうですよね。アシリパさんは鶴見中尉に協力すべきか図りかねているところですし、暗号を解読してハイめでたしめでたし、で終わろうとは思っていないんですから。杉元も鶴見中尉に協力したいと思っているわけではないですが、結局誰が一番得をするかというと鶴見中尉です。

アシリパさんへの執着も見逃さない

まあ何が一番問題かっていうと、杉元がアシリパさんを自分の庇護下に置きたがっているっていうことでしょう。物語が進んでいくにつれて顕著になったなあと思うんですが、白石も気づいていました。杉元はやたら「アシリパさん、アシリパさん」というけど、梅ちゃんの目の治療費はどうすんの?という、読者の誰もが聞きたかったことを言ってくれました。

杉元はしどろもどろです。もちろん、梅ちゃんの治療のための金をもらう約束はしっかり取り付けているんでしょう。でももう梅ちゃんそっちのけじゃん。アシリパさんじゃん。

「恋人でも嫁でも娘でもない」っていう白石の言葉、グサッと刺さらない?

白石は、杉元にアシリパさんを託され、樺太でずっとアシリパさんを見てきたからこそ、彼女が成長して以前とは考え方も変わりつつある、というか新しい目標を見つけたのだということを感じているはずです。

だけど、杉元は成長したアシリパさんを見ようとはしていない。なんでか守りたい一心なんですよね。白石はその二人の心の隙間みたいなものをしっかり感じ取っていて、仲間の中の誰よりも「それってよくないんじゃないの?」と思っているんでしょう。

白石はこの件に関してはアシリパさんの気持ちに任せようという立場です。杉元に対してもものすごい剣幕で「彼女がアイヌを背負いたいというなら背負わせればいい」と叱咤。

杉元も白石にここまで言われて、考えを改める、、兆しがみえてきました。

スポンサーリンク

アシリパさんと鶴見中尉の初対面

やっと鶴見中尉が来ました。迎える鯉登少尉は相変わらずちょっと汗かいてますが、心中どうなの?どっち?

ゲンジロはあんまり鶴見陣営の暗部を知らない光のゲンジロだからか、「北海道に帰ったらフチに会いに行けるように頼んでみればいい」みたいなことを言ってます。鶴見中尉はそれを許さないほど話の通らない人ではないんだと。 まあ、ゲンジロの目的はアシリパさんをフチの元へ連れ帰ることですからね。

アシリパさんは早く帰ってフチに会いたいとは思ってなさそう。いや、会いたくないわけではないでしょうけど、今は鶴見という男がどういう人物なのか、その一点のみに集中しています。

「どんな男かはひと目見ればわかる」

野田サトル「ゴールデンカムイ」211話/集英社

アシリパさんがそういうならそうなんだろうな。どっしりと貫禄がある少女なので(時々少女であることを忘れそうになるけど)、アシリパさんがそうやって落ち着いて構えていると安心しますねえ……。

アシリパさんの判断

いよいよご対面。

鶴見中尉のほか、宇佐美とか菊田がいます。まず鶴見中尉は先遣隊をねぎらい、アシリパに目を向けます(ここで鯉登少尉はほほを染めて笑ってるけど、演技か?演技か?)

鶴見中尉はウイルクの顔を思い浮かべながら、アシリパさんを見て「同じ目だ」と確認します。ものすごいうつろな目で。

この目にアシリパさんが何を感じ取ったのかはわかりませんが、判断は早かった。コイツはあかんわと思ったんでしょうね。だってきっと作中一関わったらダメな人物だもん。人生狂わされるから……。

一同がゲロ吐く白石に注目したすきに、アシリパさんは一度に5本の矢を掴んで空に放ちます。

「私のことは私が決める」

野田サトル「ゴールデンカムイ」211話/集英社

杉元にそう言って矢を放ったアシリパさん。めちゃくちゃかっこいい。これは「うん」て言っちゃう。ずっとついていっちゃうわ。

アシリパさんがこの後どうするか。瞬時に悟った杉元は「毒矢だ」と叫び、一同が慌てふためいている間に逃走します。実際は毒矢ではない普通の矢なんですが(笑)杉元はそれでアシリパさんの目的を察したようです。

ふたりで走りながら、アシリパさんは「一緒にしよう」という前向きな言葉が聞きたいといいます。否定ではなく肯定を。まー、子どもにも「○○するな」ではなくて「○○しようね」って言ったほうが効果的っていいますもんね(ちがう)。

怒れる白石の言葉を聞いたからか、杉元もえらく前向き。鶴見中尉に与するのではなく、自分たちだけで金塊を見つけよう、と改めて決意します。原点回帰ですねえ……。

叱咤激励からゲロまで、今回は白石さまさまだけど、白石は置いてくの?

ところでヴァシリは今どこで何してんだろうね?

コメント

  1. ぷぴ より:

    光のゲンジロ
    で笑いました

    • しゃかりき より:

      ありがとうございます。
      ゲンジロは作者に愛されるマタギなので、どこまでも光の道を歩いていくんだろうなと思ってます。
      ずっとそうあってほしいという願望です。