ゴールデンカムイ214話「雷型駆逐艦VS樺太連絡船」【本誌ネタバレ感想】一難去ってはまた一難

ゴールデンカムイ 最新話ネタバレ感想 エンタメ
スポンサーリンク

ゴールデンカムイ最新話214話を読みました。

連絡船に乗ったはいいものの、すぐに追いつかれてしまった4人。海の上でドンパチ繰り広げるのかと思いきや結構賢く逃げます。

ゴールデンカムイ最新話はヤンジャンの無料アプリヤンジャン!で発売日の0時からすぐに読むことができます。毎日ゴールドを貯めれば基本的に無料で読むことができます。また、待てない場合でも一話60ゴールド(60円)で読めます。

\無料アプリをダウンロード/

ヤンジャン!アプリで読む

前回の感想はこちら↓

スポンサーリンク

鯉登パパがいいように使われる

杉元たちは連絡船に乗って逃げますが、ヴァシリが撃った兵がすぐに発見されたためにあっという間に追いつかれてしまいます。

しかも相手は雷型駆逐艦。連絡船で太刀打ちできるはずもありません。駆逐艦を指揮するのはもちろん鯉登パパですよ。モスが命じる背後でものすごくいやらしい顔をする鶴見中尉。こういうことがあるから鯉登少尉をつないでおきたいんだよねえ……。

それはそうと、私は鯉登ジュニアのほうの安否が知りたいんですが、今回も登場しませんでした。彼は生きてるのか死んでるのか……。月島軍曹も「鶴見劇場をかぶりつきで見たい」とか言ってたくせにいないじゃん。絶対鯉登少尉のそばから離れずに見てるんでしょうよ。私はそれが知りたいんだ。

駆逐艦から逃れる作戦

杉元はまず船長に銃を突き付けて止まらず進むよう脅すのですが、向こうの方が早いので進んだところで意味はありません。

そこで思いついたのが、流氷の帯を超えて進んで時間を稼ぐという方法です。南極に行くような砕氷船ではないので無理だ、と船長は言いますが、杉元はわざと逃げるそぶりで敵に前方を砲撃させ、流氷を砕く作戦をとりました。まんまと流氷が割れてしばし時間稼ぎ。

しかし、それでも追いつかれるのは時間の問題です。駆逐艦が流氷を砕きだしたのです。

と、今度はアシリパさん主導の作戦。船内から白い布をかき集め、それを被ることで流氷に紛れて逃走したのです。

逃亡成功

駆逐艦が追い付いたころににはすでに逃げ出したあと。ひとまず逃亡成功です。

誰かが流氷におりて追跡してもいいですが、向こうにはスナイパーのヴァシリがいるので、だだっ広い流氷の上では格好の的になるだけ。

鶴見中尉はここで追跡するのをあきらめ、連絡船で稚内に渡り、オホーツク沿岸の集落を捜索することに。

先ほどまでのゲスい顔から一転、真面目な顔で(しかしドロリしてる……)「ゆっくりと話したいことがあったんだが」とつぶやきます。何を話すつもりだったんでしょうね?

スポンサーリンク

呑気にクリオネを愛でる一行

杉元たちは第七師団が追ってこないのを知ると、やっと一息つきます。

おなかが空いた白石、しゃがみこんでふと流氷の穴を見ると、小さい生き物を発見します。クリオネです。

この名前を知っていたのが杉元。「雑誌で見たことある!!」と、『少女世界』で読んだ知識を披露。流氷の天使と言われていて、貝殻のない貝の仲間だと教えます。

少女世界、過去にも登場していますが、杉元、さてはあれ一回じゃなくて定期購読してたな……?

アイヌはクリオネを食べないので、名前もないんだそう。食えないものには用がないんですねえ。

とまあこんな感じでキャッキャウフフと笑いながら流氷に乗って流れていく一行。

今回はここで終わりですが、流れる一行を待ち受けるのが一頭。今度はシロクマですよ~~(たぶん)

一連の騒動の中で一言も発することなく、ただ従順に大人しくついてくるヴァシリがただただ可愛い。気を付けていないと見落としてしまいそうなくらい大人しいですが、ぜひとも一コマ一コマチェックしてほしいです。

鯉登は当分登場しないんでしょうか。それが一番気になってるのに……

コメント