ゴールデンカムイ204話「残したいもの」【本誌ネタバレ感想】アイヌと活動写真

ゴールデンカムイ 最新話ネタバレ感想 エンタメ
スポンサーリンク

ゴールデンカムイ204話読みました。休載明け、ヴァシリとのあれやこれやも終わってゆる~い感じです。

鶴見中尉が用事が済み次第迎えに来るらしく、それまで2週間ほど時間ができた一行。「良い宿がある」という理由(鯉登少尉は野宿したくない)で、豊原にしばらく滞在することになりました。

前回の感想はこちら↓

スポンサーリンク

チカパシとエノノカ

この旅で、チカパシはまあまあいい働きをしてますよね。先遣隊にはアイヌがいなかったので、そこにチカパシひとりが増えることで樺太では随分動きやすかったはず。谷垣も「お前たち(リュウ含む)を追い返さなくてよかった」と言っています。

谷垣とチカパシはもう「インカラマッ元気になったかな?」なんて、気持ちは北海道へ向かっているんですが、その背後では悲しむ人ひとり。

エノノカちゃんです。

ちびっ子同士気が合って仲良くやってましたからね……アシリパさんよりも気が合うんだろうな。エノノカちゃんとの別れについては、鯉登少尉も後ろ髪を引かれる思いなんじゃないかと思うんですけど、どうでしょうね。今回鯉登少尉は冒頭1ページにしか出てきません。良い宿でぬくぬくしてるんでしょうね。

2週間の間にお互い離れ離れになることをどう受け止めるのか、多分もうしばらく引っ張ると思われます。チカパシが残るってことはないだろうけど……。

クズリの脳みそ

ゆる~い回が戻ってきたので、当然ありますよ、狩猟。アシリパさんが目を付けたのはクズリです。鯉登少尉がなめてかかって襲われたやつです。

せっかく樺太に来たんだから帰る前に杉元も脳みその味を知りたいよな?

野田サトル「ゴールデンカムイ」204話/集英社

クズリの足跡を見つけたアシリパさん、クズリの脳みそを味わわないでは帰れない。杉元の好物が塩をかけた脳みそってどこまでマジなんだろう。好きは好きなんだろうけど、アシリパさんほど脳みそマニアじゃないんでしょうね、杉元はそこまでクズリハントに乗り気ではありません。

儀式をこれからの時代に残すためには

アシリパさんは気合が入っているのか、山へ入る前のお祈りの儀式も余念がありません。アイヌの火付け道具を使って丁寧に手間をかけて火を起こし、儀式を始めます。

「新しいアイヌなのに」そういう儀式は大事にするんだね、という杉元にアシリパさんは、危険が伴う狩猟で、こういった儀式は気を引き締める効果があるんだと思う、と言います。スポーツ選手が必ず守るルーティンと同じような考え方なんでしょうかね。

アシリパさんはマッチのような便利な道具を認める一方で、古くから使われてきたアイヌの道具や風習を守りたいと思っています。

どうすれば残せるんだろう

野田サトル「ゴールデンカムイ」204話/集英社

アイヌの文化を守りたい、残したいと思う気持ちは、キロランケの意志と同じでしょう。キロランケはそれを守るために金塊を使う、武力を持って戦う、という方向へ進みました。

一方、アシリパさんのこの思いを聞いている杉元は「フチのところへ帰ってヒンナヒンナしててほしい」と思ってるんですよねー。杉元、「残したい」っていうアシリパさんの気持ちを聞いてどう思った?現状でアイヌの文化を残すには、ヒンナヒンナしてるだけじゃどうにもなりませんよね。

アシリパさんは金塊に関しては必ずしもウイルクやキロランケと考え方が一致しているわけではないでしょうけど、「このままではアイヌがなくなってしまう」という危機感は一致してるでしょう。これはおそらく杉元とは共有しえないもの。

ここから先、アシリパさんがどうしたいのか、杉元はアシリパさんの気持ちを理解することはできるのか、現時点ではまだ見えてきませんね。こうやってアシリパさんが小出しにしていけば杉元も徐々に理解していくのかなあ?

スポンサーリンク

面倒見る人間が増えた軍曹

軍曹はそんな杉元たちを遠くから観察しておりました。すると、同じように杉元を見ている男に気づきます。

アイツです。もちろんヴァシリです。

しれーっとここまでついてきたんですね……。お宿はどこ?

軍曹は「ロシアに帰れ」と促しますが、まあ帰らんでしょうね。

ヴァシリって結構年いってるのかと思ったけど、前回までの感じを見ると大分若いんでしょうかね?鯉登少尉と同じくらい手がかかりそうな子ですよ、多分。軍曹かわいそうに……。

ちょっとこの一連のシーン、ヴァシリかわいいねえ、とさらっと流しそうになるんですが、月島軍曹が杉元を見張ってたことが怖い。利害が一致して先遣隊として一緒に行動してきたとはいっても、杉元は別に仲間じゃないですしね。アシリパさんを見つけたら他は用済み、そのままアシリパさんだけ連れてトンズラするかもしれないと思って見張ってた?

どこまで仕事人間なの?

アイヌ文化を残す?活動写真

クズリ狩りの準備をしていたところへ、二人組が現れます。ひとりはカメラを持っていて、もうひとりは監督とかディレクターっぽい感じ。アシリパさんが火を起こしてお祈りをする姿を見て、活動写真として記録したいからもう一度見せてくれ、というのです。

と、ここでクズリ2頭が二人組を襲うんですが、数ページ後には毎度おなじみ、あっという間に脳みそです。杉元はクズリと対峙したことがあるので、さすがに手際がよかった。(ちなみにクズリの脳みそは他と大して変わらないそうな※杉元談)

脳みそ食べてひといきついたところで、二人組がここへ来た経緯を尋ねます。彼らは樺太アイヌの狩りを撮影していてはぐれてしまい、偶然アシリパさんを見つけたのだそう。これまでにシネマトグラフを使ってアイヌ文化をたくさん記録してきたのだといいます。

アイヌ文化を次の時代に残すって、こういう方向?なんとなく嫌な予感。

コメント